テレワークに対応した電気工事はおまかせあれ!

新型コロナウイルスの影響により、働き方が一変した今、テレワークを導入する会社が増えています。

そのため多くの方が仕事をしながら自宅で過ごすこととなり、テレワークをするために必要な設備や環境を整えなければならない方が増えています。

仕事をするうえで快適な環境にするためにはネット環境が安定していること。

パソコンでの様々な作業やテレビ会議、商談をするためにはネット環境の質を高くしておくと安心です。

ネット環境の質が悪いと大切な会議を途中離脱してしまったり、作業がはかどらず締め切りに間に合わないなど仕事上で大きな悪影響を与えてしまう危険性も。

また、パソコンやスマートフォン、タブレットなどは充電するための電源の確保も必要となります。

さらに日当たりによっては電気を付けている時間が異なる為、電気代や明るさを考え蛍光灯からLEDを検討する方も。

換気や快適度を考えエアコン工事が必要となる方もいます。

このように考えるとテレワークを快適にこなすため、家の環境によっては複数もの電気に関する工事が必要。

気軽にいつでも相談できる地域に密着した電気工事会社があると安心です。

京都エリアで密着した電気屋さんとして人気なのが京都府城陽市にある「株式会社 榮電気」。

一般家庭電気工事、エアコン工事のほか、オール電化工事やリフォーム工事など電気に関する様々な工事に対応しています。

コンセントやブレーカー、各種電気設備、1つでも複数でも安心してお任せください。

ご相談・お問合せはこちらから

■お問い合わせフォーム

https://www.sakae-denki.com/contact/

詳細はこちら

エアコンを安く購入しても取り付け工事はどうするの?

エアコンは1度購入したら不具合がないかぎりそう簡単にすぐに壊れることはありませんよね?

エアコンの寿命は10〜15年といわれていますが、使用頻度が少なかったりする理由から30年以上経過しても使用できているというケースもあります。

しかし、今から30年前のエアコンと現在流通しているエアコンを比べてみると、機能も電気代も大きく差が出ていることでしょう。

古くなった使用頻度の高いエアコンを取り換えることで、節電にもつながります。

現在流通している一般的なタイプのエアコンは、その多くが家電量販店で購入されるものです。

 

DIYブームから、なんでも自分でやってみようという風潮が高まっている傾向もあり、1円でも安く購入したい!コストをかけたくない!という人は、インターネットでエアコン本体のみを購入して自力で取り付けようとされる方もいるかもしれません。

しかし、専門的な知識のない方がエアコンの取り付けを行うのは危険です。

ご自宅に適していない形のエアコンを選んでしまったり、取り付け時に配管を傷つけてしまうことで冷媒ガスが漏れてしまうなど、新品の状態で稼働せず失敗に終わってしまう可能性もあります。ガスの取り扱いの知識がない方の作業によって、火災を引き起こす可能性も否定できません。

こういったことからも、エアコンの設置は必ず専門業者に任せることをおすすめします。

 

京都府城陽市にある「株式会社榮電気」はオール電化やLED工事、床暖房など最新の設備を使った工事はもちろん、コンセントやブレーカー、各種電気設備の配線工事を行っております。

京都府城陽市近辺エリアでエアコンの設置、取り外し工事のことならお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

ご家庭のLED化で大切なポイント

ご自宅のLED化は進んでいますか?

「LED電球は高いから家にストックしていた今まで通り蛍光灯や発熱ランプを使っている」という方も、家庭用のLED照明を設置することで、今までよりも明るく、エコに生活することができますよ。

会社や店舗では多くの場所でLED化が進み、家庭用でもLEDのライトの出荷数はどのメーカーも増え続けています。

 

ご自宅の照明を一気にLED化するとコストがかかるのであれば、毎日使用する頻度の高い部分の照明をLED化してみるのはいかがでしょうか?

例えば、1日のうち家族が最も長く過ごすリビング、キッチン、玄関、廊下、お手洗い、お子さんの勉強部屋などの使用頻度の高い場所から交換すると、室内が明るくなるだけでなく電気代の節約にもつながります。

家庭用照明の多くは、LEDの照明を設置しようとする場所にLED照明を接続できるパーツがついている場合であれば、ご自身で簡単に設置することができます。(例:角型引っ掛けシーリング、丸型フル引っ掛けシーリング、丸型引っ掛けシーリング、フル引っ掛けローゼット、コンセント付引っ掛け埋め込みローゼット)

交換しようと今ある照明を取り外した際に、これらのパーツがついていない箇所については、電気工事が必要になります。

 

京都府城陽市にある「株式会社榮電気」はオール電化やLED工事、床暖房など最新の設備を使った工事はもちろん、コンセントやブレーカー、各種電気設備の配線工事を行っております。

京都府城陽市近辺エリアでのLED化工事のことならお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

オール電化にするとどんな暮らしになるの?

「オール電化住宅にするとお金の節約になる」といわれても、実際ガスがなくて大丈夫なの?どんな暮らしになるの?と不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

オール電化住宅は、室内の全ての設備を電気でまかなうことができる住宅システムのことをいいます。

電気基本料とガス基本料と分かれていたものが、オール電化によって電気の料金に一元化することができるので、ガスの基本使用料金を支払う必要がなくなるメリットがあります。

 

他にも、大きな地震がきた際にガスの取り扱いは心配という場合もコンロでガスを使用することがないので、火事が起こる危険性を低くすることができます。

1人暮らしの高齢者の方は火の扱いが心配という場合も、IHコンロを使える方であれば火事のリスクを下げられて安心というメリットもあるでしょう。

 

また日々の生活で必要となる給湯器についてもガスを使用してお湯を温めるのではなく、電気を使ってお湯を温めることができます。

オール電化住宅にすることで日中は電気料金が高くなるものの、それにともなって夜に給湯器で沸かしたお湯を作ってタンクに貯めておくから電気代が安くなるのです。

 

京都府城陽市にある「株式会社榮電気」はオール電化やLED工事、床暖房など最新の設備を使った工事はもちろん、コンセントやブレーカー、各種電気設備の配線工事を行っております。

京都府城陽市近辺エリアでオール電化にご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

エアコンの空気清浄と光触媒反応

エアコンが世間に登場したのが1950年代。
空気清浄機は、そこから遅れること10年、1960年頃に誕生しました。

しかし、そのころのエアコンは、ただ単に温度を上げたり下げたりするだけの機器で
空気清浄機が搭載されるようになったのは、ずっと後のこととなります。



空気清浄機は、空気のろ過装置で、何種類かのフィルターを空気が通過するあいだに不要な物質を取り除く仕組みです。
空気清浄機に空気が取り込まれると、まず大きなホコリが捕らえられ
通過した小さなチリやホコリは、次の静電集塵フィルターでとらえていきます。

摩擦で電気を帯びる「帯電」という現象がありますが
この静電集塵フィルターでは、小さなチリやホコリはプラスに帯電し
マイナスに帯電している集塵フィルターに吸い寄せられる仕組みとなっています。



さらに小さなニオイの分子を取り除く脱臭フィルターには、近年「光触媒」を使うことが多くなりました。

光触媒反応は、酸化チタンという物質が紫外線などの光を吸収したときにおこる現象です。
汚れや細菌、カビやウイルスなどの、二酸化炭素と水に分解します。


現在の空気清浄機は、こうした光触媒の反応を活用して
タバコのニオイ、ペットのニオイ、空気中のカビやウイルスなどを取り除くことができるようになっています。



エアコン設置や各種電気工事は「榮電気」へお任せください!

お問い合わせはこちらから


詳細はこちら

メニューを開く