選ぶのは「地球にやさしいほう」COOL CHOICEってなに?

SDGsやサスティナブル、カーボンニュートラル、脱炭素など
環境問題をテーマとしたキーワードを耳にする機会が多くなりました。

このブログのタイトルにもある「COOL CHOICE」もそのひとつ。
国が進めている「COOL CHOICE」は、地球環境を守るために
一人一人のできることを具体的に示したものとなっています。

「COOL CHOICE」のホームページには、いろいろなコンテンツがあり
そのなかに「2100年 未来の天気予報」という動画もあります。
見たことがある方も多いのではないでしょうか?
2100年の天気を、私たちが日常見ているニュース番組形式でまとめたものですが
これが非現実的とは思えないところに、ちょっとした恐ろしさがあります。


このような未来にならないように、一人一人が取り組めること。
「COOL CHOICE」が提言することは、次のようなことです。

【1、省エネ家電へ買い替えよう!】
冷蔵庫やエアコンは、機能が進化していますので
10年に一度のサイクルで買い替えると、電気代が節約できます。
「統一省エネルギーラベル」の星の数の多いものが、選ぶときの目安です。


【2、照明は効率的な利用を】
家庭やオフィスには、たくさんの照明があるため
ひとつひとつは小さくても、全体的にみると電気使用量は大きなものとなります。
照度を調整したり、間引きをおこなうなど、省エネの積み重ねは有効的です。
また、照明は白熱電球からLEDに交換しませんか?
消費電力とトータルコストが安くなります。


【3、クールビズの推進】
夏の暑い日には、家庭やオフィスでも軽装にすると、室温調整も省エネできます。
また、庭に植えたグリーンカーテンで、直射日光を遮ると室温の上昇を防ぐことができます。


京都府城陽市にある「株式会社 榮電気」は、地域密着」の電気工事会社です。
オール電化やLED工事、床暖房、コンセントやブレーカー
各種電気設備の配線工事はお任せください。

第一種電気工事士の資格を持つ職人が、アフターフォローまで責任を持って担当いたします。
電気のことでお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

かしこい時短家事☆部屋干し臭の原因とは?

梅雨の季節になると、洗濯物が乾きにくくなり
衣類からイヤなにおいがして、悩むことが増えますね。
あのニオイは、「部屋に干すこと」が原因だと思っている人が多いですが
部屋干しそのものが原因ではありません。

本当は、汚れが残っていることが原因となっていて
「部屋干し臭」というよりも、「汚れ残り臭」といったところです。

洗濯物から汚れがきちんと落ちていないと、それが雑菌のエサになります。
そのあと、菌が排泄したその匂いが正体です。
梅雨どきは、雑菌が繁殖しやすいため
ニオイが出やすい季節となります。

洗濯しても残りがちな汚れとしては、皮脂などの油分が代表的。
節水型の洗濯機や、すすぎ1回をうたう洗剤などが増えた影響で
最近は洗濯時に使う水が、極端に少なくなっています。

衣類の汚れに対して、水の絶対量がすくなく、なおかつすすぎが1回だけだと
汚れはどうしても残りやすくなってしまいます。
さらに、その貴重な1回のすすぎは、服から洗剤と汚れを水に移したいところですが
そこに柔軟剤が入ってしまうと、逆に汚れを繊維に戻してしまうことになります。

そうした梅雨どきの洗濯ポイントは
洗濯機の水量設定を1段階増やしたり、すすぎの回数を2回以上にしたりすることです。
また、洗濯機に入れる衣類の量を3分の2以下にしてみるのも有効です。

大切なのは、「洗い」の工程で洗剤と衣類をしっかりと混ぜて汚れを洗剤で包むこと。
そして、その洗剤で包んだ汚れを「すすぎ」によってしっかり流すことです。

これが洗濯のキホンです。
これをおさえれば、いままで足しすぎていたものも思い切って減らすことができます。
「水以外は増やさない洗濯」是非一度試してみてください!

京都府城陽市の「株式会社 榮電気」は
オール電化やLED工事、床暖房などの設備工事
コンセントやブレーカー、各種電気設備の配線工事に対応している会社です。

第一種電気工事士の資格を持つ職人が
すべての工程を責任を持って担当いたします。
電気のことでお困りのことがあれば、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから



詳細はこちら

基本使用料を一本化できるオール電化

電気、ガスを使用した家というのはそれぞれに基本使用料がかかります。

基本使用料を毎月払うというのは積み重なると大きな金額に。

オール電化にすれば電気の基本使用料を一本化できるので長い目で見ると基本使用料金分を節約することができます。

オール電化とは空調や電機、給湯や調理といった熱源を全て電気で賄う事。

調理はIHクッキングヒーターを使用し給湯は深夜の安くなる深夜電力を使用して沸かしたお湯を貯めるエコキュートや電気温水器などを利用します。

暖房は深夜電力で夜のうちに蓄熱し日中に使用する蓄熱ヒーターやエコキュートの熱を利用する床暖房などが使用されています。

お湯や暖房が安く使用でき、住宅内に熱源を持たないため安全面にも配慮されているので安心。

もしも震災が起きた時にはタンク内の水を利用することが出来ます。

さらに電力会社を見直し切り替えすることによりさらに電気代節約が可能。

家庭の生活スタイルに合ったプランなどを利用すればさらにお得です。

日中は電気料金が高めなので深夜の電気を上手く活用するなど家族で話し合いながら工夫するのがおすすめ。

初期投資や安全面などよく考えてから決めましょう。

京都エリアでオール電化をお考えなら城陽市を中心に地域密着で各種電気工事に対応している「株式会社 榮電気」にお任せください。

最新のオール電化やLED工事、床暖房などの設備に関する工事だけでなくコンセントやブレーカーなどの工事も安心対応。

電気の事ならどんな小さなことでも安心してご相談ください。

お問合せはこちらから

 

■お問い合わせフォーム

https://www.sakae-denki.com/contact/

詳細はこちら

夏も冬も快適に安心に過ごすためにはエアコン環境を重視!

新型コロナウイルスの感染防止対策として、また暑さ寒さを乗り切るために重要となるのがエアコンの使用の仕方です。

暑い日に涼しく、寒い時には暖かく部屋の温度を維持する為にエアコンは大切な役割を果たしてくれますがどうしても窓を閉め切って密になってしまいがち。

外と室外機で空気が行き来しているのでは?と思いがちですがエアコンの運転で換気が出来ているわけではないので注意が必要。

クーラーの消毒や洗浄は頻繁にする必要はなく定期的で問題ないですが、換気はこまめにすることが大切です。

1時間に5~10分程度窓を開けて換気をすると効果的。

窓が一か所しかない場合は窓に扇風機を向けて換気をするとさらに効果的です。

自粛生活やテレワークなどの導入などにより自宅で過ごす時間が増えている今、エアコンを省エネで、空気を綺麗にする機能のあるものに替えたり、お店ではなくネットでエアコンを購入するなどの理由でエアコン工事を希望する方が急増中。

エアコンの取り付けや取り外し、移設などの作業は、専門知識や技術が必要なので安心できる電気工事会社を選ぶことが大切です。

京都府城陽市を中心に地域に密着で各種電気工事を行っているのが「株式会社 榮電気」。

現地調査からお見積り、施工、アフターフォローまですべて自社にて担当し、最後まで責任を持って対応しています。

中間マージンが発生しないので安心価格で品質の高い施工をご提供。

エアコン工事だけでなくコンセントや配線などの一般家庭電気工事やオール電化工事、リフォーム工事も安心してお任せください。

お問合せはこちらから

 

■お問い合わせフォーム

https://www.sakae-denki.com/contact/

詳細はこちら

テレワークに対応した電気工事はおまかせあれ!

新型コロナウイルスの影響により、働き方が一変した今、テレワークを導入する会社が増えています。

そのため多くの方が仕事をしながら自宅で過ごすこととなり、テレワークをするために必要な設備や環境を整えなければならない方が増えています。

仕事をするうえで快適な環境にするためにはネット環境が安定していること。

パソコンでの様々な作業やテレビ会議、商談をするためにはネット環境の質を高くしておくと安心です。

ネット環境の質が悪いと大切な会議を途中離脱してしまったり、作業がはかどらず締め切りに間に合わないなど仕事上で大きな悪影響を与えてしまう危険性も。

また、パソコンやスマートフォン、タブレットなどは充電するための電源の確保も必要となります。

さらに日当たりによっては電気を付けている時間が異なる為、電気代や明るさを考え蛍光灯からLEDを検討する方も。

換気や快適度を考えエアコン工事が必要となる方もいます。

このように考えるとテレワークを快適にこなすため、家の環境によっては複数もの電気に関する工事が必要。

気軽にいつでも相談できる地域に密着した電気工事会社があると安心です。

京都エリアで密着した電気屋さんとして人気なのが京都府城陽市にある「株式会社 榮電気」。

一般家庭電気工事、エアコン工事のほか、オール電化工事やリフォーム工事など電気に関する様々な工事に対応しています。

コンセントやブレーカー、各種電気設備、1つでも複数でも安心してお任せください。

ご相談・お問合せはこちらから

■お問い合わせフォーム

https://www.sakae-denki.com/contact/

詳細はこちら

メニューを開く