オール電化を導入するときの注意点とは?

新築やリフォームを予定している方の中には、「オール電化を導入してみたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。
今回は、オール電化を導入する際の注意点を解説します。

◇設置場所のスペース
一般的にオール電化機器を設置するには幅約180cm、奥行約80cmのスペースが必要で、マンションや住宅密集地で隣の家との距離が狭いと、設置スペースに制約があることも。
しかし、最近は狭いスペースでも設置可能な薄型タイプのオール電化機器が登場したので、狭いスペースでも設置可能になりました。

◇使い方によっては電気代が上がる
オール電化は夜間の電気料金が安くなる時間帯に電力を使用することで光熱費を抑える仕組みです。
しかし、昼間に電気を多く使用する場合には逆に光熱費が上がる可能性があります。
そのため、オール電化を検討する際には、ご家族のライフスタイルや生活パターンを考慮し、電気使用量のピークタイムを把握することが重要です。
さらに、電気料金のプランも電力会社によって異なるため、料金体系や時間帯別料金を比較検討がおすすめです。

IHクッキングヒーター・エコキュート・蓄熱ヒーターなど、さまざまな場所の設備をガスから電気に交換や、オール電化工事に対応しています。
城陽市周辺で電気工事のことなら、榮電気にお任せください。

お問合せはこちら https://www.sakae-denki.com/contact/

詳細はこちら

エアコンを設置する際に知っておきたいこと

エアコンを設置する際に、「どこに設置すればいいのか」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?

エアコンは室内機と室外機を設置しますが、それぞれの配置を考慮することも重要なポイントです。

◇スペース

エアコンを設置する際には、室内機だけでなく室外機を置くスペースも確保しなければいけません。。

室内機はエアコン専用のコンセントや配管穴周辺に設置され、一方で室外機は通常は地面に置かれますが、場合によっては壁に取り付けることもあり、設置方法によっては追加料金がかかる場合もあります。

 

◇エアコン専用のコンセプト

エアコンは通常のコンセントではなく、専用のコンセントを使用する必要があります。

なぜなら。通常のコンセントでエアコンを稼働させると発火などの危険性があるため、エアコンを取り付ける前に専用のコンセントの有無を確認して、ない場合は新しく設置しましょう。

 

◇エアコンの設置場所

エアコンの吹き出し口に奥行きがあると、より効率的な対流が生まれやすくなります。

一方、奥行きのない場合は、空気の動きが制限され、温度ムラが生じやすくなるため、 サーキュレーターなどを活用して空気の循環を促す工夫が必要です。

 

城陽市でエアコン工事なら、榮電気にお任せください。

 

お問合せはこちら https://www.sakae-denki.com/contact/

詳細はこちら

今さら聞けない!LEDライトの基礎知識

「LED」の名前は聞いたことがあっても具体的にどのようなものか分からない方も多いかもしれません。

 

◇LEDとは?

LEDは電圧をかけると光る半導体のことであり、「Light Emitting Diode」の略称です。

組成は異なりますが、トランジスタやICなどの半導体と同様の特性を持つLEDは、寿命が長く、消費電力が少ない、応答が速いなどの基本的な特徴を備えていて、これを照明に利用したものがLED照明です。

 

◇LEDの特徴

LED照明は省エネ性が高く、同じ明るさでも消費電力が少ないため、熱も抑えられます。

また、寿命は従来型の照明器具と比べてかなり長く、LEDの発光成分にはほとんど紫外線や赤外線が含まれていないため、機器の劣化や虫の寄り付きを抑える効果があります。

他にも、LED照明は光自体にはほとんど熱が含まれませんが、半導体周辺や電源部には熱が発生します。

熱がうまく逃げないとLEDが故障する恐れがあるため、密閉型の照明器具は特に注意が必要です。

 

榮電気は、京都府城陽市を拠点に地域密着で様々な電気工事に対応しています。

オール電化やLED工事、床暖房などの最新設備を使用した工事はもちろんのこと、コンセントやブレーカー、各種電気設備の配線工事などもお任せください。

 

お問合せはこちら https://www.sakae-denki.com/contact/

詳細はこちら

蛍光灯からLEDライトへ交換するときに工事は必要?不要?

強盗からLEDライトに交換したい場合、必ずしも工事が必要というわけではありません。

工事が必要か、不要かの判断は、取り付ける部分を見れば確認できます。

一般家庭に設置されている引っ掛けシーリングローゼットや白熱電球向けのものですと工事は不要と考えて良いでしょう。

そういった配線は既に天井内に配線器具が通されていますので、そのままLEDライトを取り付けてご使用いただけます。

それに対し、工事が必要なケースは安定器が設置されている場合です。

尚、直感蛍光灯であれば、安定期にLEDライトを取り付けることができるのですが、それ以外のものは設置することができません。

その場合は、LEDライトに適合した電気配線工事を行わなければいけません。
この工事のことをバイパス工事と呼びます。

LEDライトの配線に対応していない状況で設置してしまうと、安定期自体の劣化や接触不良等のリスクが高まります。

もしLEDライトへの交換がスムーズにできないということでしたら、弊社にご相談ください。
配線工事は電気工事士の資格を持つ業者でないと対応できない部分ですので、DIYのように一般の方が対応できない作業です。

LEDライトへの変更やオール電化など、電気にまつわる工事なら何でも対応しています。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

オール電化、ガスから電気への交換方法とは?

オール電化への変換として一般的な方法は、ガス給湯器やガスコンロを電気給湯器やIHクッキングヒーターに置き換えることです。

これによりガスの利用が不要となり、代わりに電力が使用出来ます。

さらに太陽光発電などの再生可能エネルギーの導入もオール電化への移行方法の一つです。
太陽光パネルを屋根に設置し、太陽のエネルギーを電力に変換することで、自家消費の電力を賄うことができます。

他の方法としては、燃料電池の導入も検討されています。
燃料電池は水素を使用し、電気と熱を生み出す装置です。
これによりガスを使用せずに電力と熱を供給することができます。

オール電化への変換は、地球環境への配慮やエネルギーコストの削減などの理由で選択するお客様が多くなっています。

弊社でもIHクッキングヒーターの導入、エコキュートの導入、蓄熱ヒーターなどの導入に尽力しています。
ガスを使用する生活から電気のみの生活に切り替えたいとお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

最初は、工事費用や初期費用がかかるものの、将来的に見たらトータルの光熱費削減につながりますのでお得かと思います。

城陽市近郊にお住まいの方からのお問い合わせが多くなっています。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く