電気工事の種類について

弊社では電気工事に関する業務を行っております。皆さんは電気工事とはどのような工事であるかご存知でいらっしゃいますでしょうか。電気工事というのは大きく建築電気工事と鉄道電気工事とに分けることができます。今回はこれらそれぞれについて、もう少し細かいところを簡単にご紹介をさせて頂きたいと思います。

建築電気工事というのはさらに屋内配線工事、外線の配線工事、エアコン工事、ビル管理工事に分類できます。屋内配線工事というのは、建物内部のコンセントやスイッチの配線に関する工事です。外線の配線工事というのは、屋内で電気を使用可能にするために電柱から各建物への外線をつなげる工事です。エアコン工事は室内の冷暖房機器に関する工事です。ビル管理工事というのは、比較的大きな建物が安全に稼働するための設備整備のための工事です。

榮電気は、京都府城陽市を中心に地域密着で各種電気工事に対応しています。オール電化やLED工事、エアコンなど最新の設備を使った工事はもちろん、コンセントやブレーカー、各種電気設備の配線工事はお任せください。第一種電気工事士の資格を持つ、知識と経験豊富な職人がすべての工程を責任を持って担当いたします。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

オール電化はデメリットもあるから理解して設置しよう

オール電化にすることで、多くのメリットを感じることができる一方で、デメリットと感じる部分も確かにあることをしっかり理解することはとても大切です。

オール電化にするデメリットは、まず、オール電化にすることで夜間の電気を多く使用することになります。そのため夜間の電気料金は安くなるのですが、その一方で、昼間の電気代は高くなってしまいます。小さいお子さんがいるなど、昼間に多くの電気を使用するご家庭では、デメリットを多く感じてしまうかもしれません。

次に、オール電化は光熱費の削減など日々のコストは抑えられるものの、その設備を設置するコストが高額なので、初期費用は覚悟が必要です。ローンを組んで設置する人も多いと思いますので、その部分はデメリットと感じる人が多いです。

最後に、IHヒーターの使い心地がいまいちと感じる人も多くデメリットと思えるケースもあります。

このようにオール電化にすることで感じるデメリットな部分は、確かにありますので、メリットと比較したうえで、デメリットの方が小さければ良いのですが、ライフスタイルによっては、デメリットの部分を大きく感じてしまうこともあると思います。

メリットとデメリットを知ったうえで、オール電化にするのかを今一度考えてから行動することで、設置してから失敗したということも防ぐことができるので、しっかり考えて利用するようにしましょう。

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

オール電化のメリットとは

これからオール電化に変えようと思っている人は、実際にオール電化にすることでどのようなメリットがあるのか具体的に知りたいという人も多いのではないでしょうか。

オール電化にするメリットは大きく4つあります。

まず、電気、ガス、灯油といった燃料系の設備を電気1本に集約することができるので、管理がしやすくなります。そして夜間の電気をメインで使用することで電気代を安くすることができるのもオール電化の大きな特徴とメリットと言えます。

また、住宅内では火を直接使用することがなくなるので、小さなお子さんやご高齢の方が一緒に住んでいる中で、火事の心配がなくなりますし、何よりも安全です。

電気による暖房、お湯は、使いやすく、温かい住宅を実現させることができ、震災などもしもの時には、タンク内にある水を利用できるので、いざという時でも安心です。

このようにオール電化にするメリットはとても多くあり、これから住宅を新築するという人はもちろん、暖房や給湯関係の設備の入れ替えなどを検討している人は、オール電化を選択肢のひとつとして入れてみてはどうでしょう。

株式会社榮電機では、オール電化に関する様々な疑問点を解消しながら、最適な導入方法の提案を行っています。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

電気工事業者を選ぶなら信頼できる業者を選ぼう

電気工事が必要なった時に利用する電気工事業者を選ぶとなると、かなり難しいと感じた経験はないでしょうか。

実際に電気工事を行っている会社を見つけるのは簡単です。しかし、信頼してお任せできる業者かどうかの見極めがとても難しいという声をよく耳にします。

株式会社榮電機は、京都府城陽市にある地域密着型の電気工事業者として地元の人に多く利用されている業者です。

これまで多くの地元の方を中心に、その近隣の方などからもご利用いただき、確かで質の高い様々な電気工事に関する知識と技術を駆使した丁寧な工事を行っています。

規模の大きな電気工事業者の中には、工事は請け負うものの実際の作業を行うのは下請けの会社というところも少なくありません。しかし、榮電機では、すべて自社で施工を行っています。

電気工事を行う場合、事前の現地調査をもとに、お見積りを行い、施工、施工後のアフターフォローが必要不可欠となりますが、そのどの作業に対してもすべて自社で行っているからこそ、お客様からの信頼も厚く、ご安心いただいています。

京都府城陽市やその近隣で電気工事が必要という場合は、ぜひ一度、榮電機にお問い合わせください。アットホームな雰囲気の会社なので安心してなんでも相談できる雰囲気なので安心です。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

家電・情報機器の雷被害☆備えあれば憂いナシ

近年、天気予報が雷への注意を呼びかける日が多くなりました。
コロナ禍で仕事や授業がリモート化するなか
重要性を増しているのが「雷対策」。
とくに情報通信機器には備えが大切です。

まず、雷の基礎知識から始めましょう。
雷が発生しやすい季節は地域によって異なりますが
年間を通じて多いのは日本海側で、とりわけ冬の雷が目立ちます。

太平洋側は夏場に多く、近年は気候変動の影響で
「ゲリラ豪雨」に伴う雷も増えています。

雷が直撃した場合の被害は、多くの方が想像できることでしょう。
ものすごい轟音とイナズマには、おもわず「ヒヤッ」としますね。
ただし、雷の被害は直撃だけではありません。
電線などを通じて建物内に侵入する
「過電流・過電圧(雷サージ)」によって
電気製品が故障するケースもあるのです。

雷サージは数キロメートル先まで影響が及ぶので
雷の轟く音が聞こえているところは
リスクの範囲内と考えておくほうが良いかもしれません。

なぜ、雷サージで被害が出るのかといいますと
その背景にあるのは、電気機器の高機能化です。
ICチップや基板が省エネルギー化、高密度化した結果
少しの電流や電圧の変動にも、敏感になっているから。

近年の家電は、高度に電子制御されており、ネットワーク端末化も進んでいます。
冷蔵庫や洗濯機、エアコンなど進化して便利になっているのは
繊細な電気計装が施されているからこそ。
雷対策は、備えておきたいところですね。

電源線を保護する場合、手軽に手に入って設置しやすい機器として
「電源タップ型の避雷器」があります。
保護したい機器の電源を、このタップからとれば雷サージから守れます。

ホーム分電盤に組み込むタイプの避雷器もあります。
こちらは電気工事士による施工が必要となりますが
家じゅうの電源線の雷サージ対策を1か所でまとめられて
アースから侵入する雷サージにも対応できます。

この避雷器は、規定値内の電流値であれば何度でも使用できます。
大きな雷サージが侵入しない限り
一度取り付ければ推奨交換時期まで使うことができます。

榮電気は、京都府城陽市エリアにて、各種電気工事に対応しています。
オール電化やLED工事、床暖房など最新の設備を使った工事はもちろん
コンセントやブレーカー、各種電気設備の配線工事はお任せください。

第一種電気工事士の資格を持つ職人が
アフターフォローまですべての工程を責任を持って担当いたします。
どうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから



詳細はこちら

メニューを開く