エコキュートの基礎知識と仕組み

オール電化を検討する場合、必ず「エコキュート」という言葉に出会うと思います。そこで今回はエコキュートが何かわからないという方向けに、エコキュートの基礎知識や仕組みについてお話ししたいと思います。

 

■エコキュートとは?

エコキュートは、ヒートポンプ技術を利用して空気の熱でお湯を沸かす電気給湯器のことです。夜間電力を使用して、夜間のうちにタンクにお湯を沸かして貯めておくため、お湯を安く沸かすことができると注目を集めています。

 

■エコキュートの仕組み

エコキュートでお湯を沸かすために使われているヒートポンプ技術は、エアコンにも採用されている技術です。その仕組みは、室外に設置されたファンにより外気の熱を吸収し、その熱を利用するというものです。

電気代を浮かすことができる点はもちろん、外の温度をうまく利用することができるため、省エネルギーでお湯を沸かすことができます。

 

京都府城陽市にある栄電気は、地域密着で各種電気工事を行う電気屋さんです。オール電化やLED工事など幅広く対応可能ですので、お困りの際はぜひご相談ください!

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

オール電化ってデメリットもあるの?

オール電化を検討する場合、メリットだけでなくデメリットに関してもしっかりと把握しておく必要があると思います。そこで今回は、オール電化の弱点をいくつか紹介したいと思います。

 

  • 電気料金

オール電化住宅向けの電気料金プランは、深夜の時間帯の電気料金は格安ですが、日中の電気料金は高くなる設定にしてあることが多いです。そのため、日中誰かが家にいる家庭では、電気代が高くなってしまうことも考えられます。

 

  • 初期投資

オール電化を導入するためには初期費用がかかります。元を取るためには10年以上かかるとも言われており、場合によっては初期投資を回収できないまま家を離れることも考えられます。

 

  • 停電

オール電化住宅では、停電してしまうと家電製品が一切使えなくなってしまいます。つまり、停電してしまうと生活の手段が一切なくなってしまうのです。停電時に備え、毛布や食料などを準備しておかなければ大変なことになってしまいます。

 

オール電化はたくさんのメリットがある一方、いくつかデメリットもあります。オール電化を導入する際には、メリット・デメリット両方を考慮するようにしましょう。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

LEDの歴史

京都府城陽市にあります榮電気は、リフォーム工事や一般家庭電気工事からエアコン工事・オール電化工事・LED工事・高圧受変電設備工事など、様々な電気工事を行なっております!

 

今回は「LED」についてお話ししたいと思います。

 

当たり前のように呼ばれている「LED」という名前は、「Light Emitting Diode」の略称です。

日本語では発光ダイオードのことです。

 

LEDは電気を流すと発光する半導体の一種であり、1962年にニック・ホロニアックという人物によりにより発明されました。

 

LEDというと真っ白な明るさのイメージですが、実は発明当時は赤色に発光するLEDのみでした。

 

しかし1960年代にはさっそく赤色に加えて黄緑色LEDが開発され、1990年代に入ると、青色LEDの開発、緑色の開発がなされました。

こうして光の三原色が揃ったことで、白色LEDの開発、さらにはディスプレイのフルカラー化が現実のものとなったのです。

 

白色LEDの光源は、紫外放射・赤外放射をほとんど含まないので、光が当たるものへの負荷も少ないと言われています。

榮電気ではLED工事も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

オール電化は安心・安全

榮電気(サカエデンキ)にオール電化のご依頼をくださるお客様のうち、オール電化の工事を選ばれた理由として多いのが「安全性の高さ」です。

 

オール電化の工事を行うと、キッチンでもIHクッキングヒーターを導入することになります。

IHクッキングヒーターは、昔からあるガスに比べて、通常時はもちろんのこと地震などの時も火災事故に繋がるリスクが非常に低くなります。

 

地震大国日本、いつ大地震がやってくるかわからないなかで、火災リスクが少ないというのは、オール電化の大きなメリットと言っても良いのではないでしょうか。

 

もちろんガス代や電気代の節約にもなり、オール電化はいいこと尽くしです。

 

特にガス代に関しては、オール電化の工事後は熱源は全て電気になりますので、ガス代はもちろんのこと、ガスの基本使用料も必要なくなります。

ガス代が0円になるというのは、主婦の皆さまにとって非常に魅力的ではないでしょうか?

 

オール電化工事についてご興味がございましたら、ぜひお気軽に榮電気までご相談ください。

 

オール電化ってなに?デメリットもあるの?など基本的な質問も大歓迎です。

毎日を過ごす大切なおうちが、少しでも住みやすく長年愛すことができるものとなるように、お客様のご要望をしっかりと伺った上で施工させていただきます。

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

第一種電気工事士

 

京都府城陽市にあります榮電気は、城陽市を中心として各種電気工事を行なっております。

リフォーム工事や一般家庭電気工事からエアコン工事・オール電化工事・LED工事・高圧受変電設備工事など、電気工事のことなら榮電気にお任せください!

 

第一種電気工事士の資格を持ち、知識と経験豊富な職人が、お客様との打ち合わせから実際の施工、アフターフォローまですべての工程を責任を持って担当いたしますので、安心してください。

 

今回は、第一種電気工事士の資格についてご紹介したいと思います。

 

電気工事士は、電気工事士法によって定められている国家資格です。

住宅やビル・マンション・工場などの建物にある電気設備を工事するのに必要とされる資格で、 もつと身近なものでは、室内のコンセントの工事なども含みます。

 

電気設備の工事ができるのは、電気工事士の資格を保有している者のみです。 

 

そして電気工事士には「第一種」と「第二種」があり、第一種電気工事士は電気工事士のなかで最高位の資格です。

 

実務経験を積まないと保有できない資格ですので、困ったことがございましたら安心してお任せいただきたいと思います。

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く