城陽市で電気工事を行うには

電気や水道やガスなどの有限的な資源は、人の営みの土台として非常に重要です。

居住する人数が増えたり、長い年月を経ていたり、生活様態が変われば、資源の使用量や用途もそれに合わせて変化しますし、

電気は特にそういった変化に深く関わってきます。

 

 

電気工事は、一戸建てにお住まいの方から「庭にも電気が来るようにして欲しい」という相談があったり、

長く住んでいる人からコンセントの不具合を訴える方まで、内容も規模も様々です。

また、コンセント老朽化した家のコンセントの接触の悪さが「漏電によるブレーカーの故障」が原因の場合もあり、

故障を疑った時には非常に危険な状態だった、なんてことも。

 

また、電気工事の施主になるときに大事な心構えは、すべてを業者頼みにするのではなく

「どのように工事をしてもらうか」そして「わからない点」と「聞いておきたい点」この3点を明確にすることです。

業者側としても、施主にはっきりとした目的があれば、全力でその意向に沿うように対応することができ、

段取りや施工も円滑に進めやすくなります。

 

榮電気は、常に施主の悩みに寄り添い、意向を尊重し、安心でなおかつ安全な工事を行うことで、その家に住む人の心にも明かりを灯します。

城陽にお住まいの方、京都府にお住まいの方で電気工事を頼みたい、相談したい時は、榮電気にお任せしては如何でしょう?

 

詳細はこちら

LEDライトの特徴とメリットについて

私たちはいつも一歩先を照らす明かりに見守られながら生きています。

その明かりを作り出す発電方法も、時代の変遷に伴い、大きな発展がありました。

現在ではLED(発光ダイオード)が登場し、環境にやさしい照明器具として世間に広く浸透しています。

 

「未来の照明器具」とも言われるLEDライトが浸透していく理由を探ってみましょう。

まず蛍光灯や白熱灯といったよく使われている明かりの寿命は、LEDに比べてみると、随分短いとされています。

LEDの長所として、白熱灯に比べると40倍の寿命があり、蛍光灯と比べると4倍以上の寿命があるのです。

寿命が長い分LEDライトは長いスパンで使えます。

 

LEDライトの照度や輝度も、白熱灯や蛍光灯を上回ります。

また、それぞれを比べる上で大きな違いは、消費電力が少ないのにも関わらずLEDには白熱灯に勝る持久力があるのです。

「ご家庭の電気代が高い」と思われるのならばまず、電気代をしっかり把握して白熱灯や蛍光灯をLEDライトに変えてみるのも良いでしょう。

LEDライトは白熱灯に比べ、少々お値段が高いです。しかし長いスパンで考えると、家計に優しいと考えられます。

導入費用こそほかの電気に比べ高価ですが、結果として省エネにつながり、

買い替えも少なくて済むという大きなメリットが、LEDの魅力です。

詳細はこちら

エアコンの交換をご検討の方へ

スギ花粉が飛散する時期、もうすぐ春の足音が聞こえる季節にも、エアコンは生活を行うには必要です。

しかし、老朽化が著しいエアコンはそろそろ買い替えたいですね。

最近ですと、花粉やダニ、ハウスダストを取り込みながら空気清浄機でクリーンな環境を作ることが可能なエアコンも登場しているようです。

 

老朽化したエアコンの取り外し、エアコン工事は榮電機にお任せください。

老朽化したエアコンは、冷えにくく温まりにくい。その分電気代もかさむので、デメリットばかりです。

また、エアコンにとって夏の時期は毎日使われるので「繁忙期」とも言えます。

「繁忙期」に部屋が涼しくならない、電気代が高いだけでなく、故障して古いパーツが見つからず使えなくなる、なんてことも考えられます。

夏に備え、今から買い替えを検討し、「ああ早くエアコン工事が出来てよかったね!」と笑い合える涼しい真夏を迎えましょう。

 

エアコン工事を行う場合、本体代金を店舗で払いエアコン工事業者への工事費もまた払うことになり、想像以上に費用が掛かる可能性があります。

また、施主にとっては「この業者は信頼できるのか?」など、心配になることも多々あるでしょう。

しっかり設置してくれることはもちろん、納得のいく見積もりを出してくれる「本当に信頼できる業者」を選ぶことが重要です。

 

京都府城陽市とその近郊でエアコン設置などの電気工事を依頼するなら、地元密着で信用第一の榮電機にぜひお任せください。

 

詳細はこちら

オール電化はやっぱりお得?

オール電化住宅は、電気代などの光熱費がお得ということで数年前までは人気でしたが、いまはどうなのでしょうか。

地震により北海道全域で起こった停電(ブラックアウト)によってオール電化住宅はやはり何かあったときのリスクが高いという声もチラホラ聞こえてきます。

しかし、電気に対するリスクは、オール電化住宅のみではなく、どの家庭にも言えることで、電気がなければ何も機能しないことを北海道の人たちは体感してしまいました。

そこで、電気の重要性と電力会社がダメになってしまった場合、いかに電気を供給させることができるかということが最も重要なことなのです。

自家発電機能のあるシステムを搭載したオール電化住宅は、ブラックアウトにも負けず、しっかりと電気を使うことが可能なのです。

そのような設備をと思うと、かなりの初期投資が必須となりますが、それでもこれからの時代を考えたときには、考えてみることも必要かもしれませんね。

震災に強い家づくりに必須となるオール電化住宅や自家発電機能など電気にまつわることは、電気のプロにきくのが一番です!まずは相談だけでも一度してみてはどうでしょう。

榮電気はきっと今後の電気の在り方について適切なアドバイスをすることができると思います。

詳細はこちら

電気のLED化は進んでいますか?

LED電気の普及はどんどん進んでいるように見えますが、今お住まいの自宅のLED化は進んでいるでしょうか。

LED電球は、少し前と比べるとかなり購入しやすい価格なり落ち着いてきたように思いますが、それでもまだまだメーカーによっては高いですよね。

かなりの金額を出して、全部屋の照明をLED化にした方がお得と思っている人もいるかもしれませんが、実際にはLED化にして果たしてそれほどまでの省エネになるのかはちょっと疑問です。

今使用している電球を外してまでのLED化は必要ないにしても、これから新しく買い替えることになる電球は、LED電球となることはほぼ間違いありません。

そのため、ゆっくりペースで少しずつLED電球を導入していくのが、家計の負担にもならずに省エネ化を推進していくことができそうです。

そして、LED電球に設置した照明は、本当になかなか切れませんので実際に使ってみるとお得なのだということがわかります。

これから新築で自宅を購入するという場合は、最初からLED電球を搭載している照明となっていると思いますので、電球を交換するという作業が少なくなるので快適だと思います。

どんな風に照明器具をLED化にしていくべきなのかに迷ったら、榮電気にぜひ連絡してみましょう。

詳細はこちら

メニューを開く