安心・安全な生活にオール電化を導入しませんか?

オール電化では従来であればガスを使用していた設備をガスから電気に変更をして、省エネや環境への配慮をして安心・安全な生活を送れるようにできるなどのメリットがあります。

例えばガスコンロからIHクッキングヒーターへの切り替え、ガス給湯器から電気温水器やエコキュートへの切り替えなどが挙げられ、ガスを使用しないことから基本料金が電気だけに統一が可能です。

また、安全面からオール電化を見てみると室内で火を使わないようになるため、火災などが発生する可能性を大きく抑えられるだけでなく、ガス漏れや不完全燃焼などのリスクも抑えられます。

オール電化を導入するためにはガス設備の取り外しに加えて、屋内電気配線工事なども必要です。

オール電化を問題なく導入するためには適切な屋内電気配線工事が必要になりますが、株式会社榮電気では第一種電気工事士の資格を保有していることから配線の高い知識と技術を持っています。

京都府城陽市付近でオール電化を検討している方がいれば、株式会社榮電気までお気軽にお問い合わせください。

これまでも数多くのオール電化工事を対応してきたため、培ってきた技術とノウハウを活かしてお客様からの要望にお応えいたします。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

安全の自社施工で安心してお任せください!

株式会社榮電気では京都府城陽市を中心として地元密着でさまざまな電気工事をおこなっており、お客様のご要望に応えるのはもちろんですが、細かい部分も手を抜かずに精度の高い施工をしているのが自慢です。

弊社では現地調査から施工・アフターフォローまで自社施工で対応しているので、お客様からの要望を施工にダイレクトに反映ができます。

また、自社施工によって他の企業に支払うような中間マージンが発生しないため、リーズナブルでありながらも質の高い電気工事の提供が可能です。

自社施工で最初から経験豊富な職人が担当させていただき、具体的にどのようなご要望があるかについても漏らさずに聞き取って実現するためのプランについても提案いたします。

アフターフォローにも力を入れていることから、施工後にお困りのことがあれば対応させていただくためお気軽にご相談ください。

電気工事に関して困っている方や、電気工事について詳しく知りたいと考えている方は株式会社榮電気までお気軽にお問い合わせください。

お客様からのご要望を聞き取って、生活が豊かになるように一人一人に合わせた施工プランを提案させていただきます。

どのような内容でもお問い合わせをお待ちしております。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

電気工事は自分でするのは危険!

近年ではインターネット環境の発達によって、具体的な電気工事の方法なども調べればわかるようになりました。

そのため、中にはインターネットで電気工事の方法を見ながら自分自身で電気工事をしようとする方もいますが、自分自身で電気工事をするのは工事中にも工事後にも危険が大きいです。

電気工事では目に見えない電気を取り扱うことから、専門的な技術や知識を持っていなければ漏電していたり、正しい電気配線になっていなかったりしてもわかりません。

漏電している状態で作業を続けてしまうと感電する危険もあり、状況次第では大きな事故になってしまうケースもあるでしょう。

過去には自分で電気工事をして配線がショートを起こして火災が発生した例も挙げられ、電気工事士の資格を持っていないのに電気配線を触るのはやめてください。

そもそも、電気工事は内容次第では電気工事士の資格を持っていなければ違法になる可能性もあるため、基本的には電気に関係する工事は電気工事士に依頼しなければいけません。

株式会社榮電気ではこれまでもさまざまな電気関連工事をおこなってきており、培ってきた技術やノウハウを活かしてお客様が安全に生活ができるような電気工事を心掛けています。

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

オール電化にするには?キッチンとお風呂の設備変更が必要

オール電化は生活に必要な設備をすべて電気でまかなえる仕様に変更することです。

家の中でガスが使用されている箇所がありますので、そういった部分をすべて電気の設備に変更していきます。

ガスが使用されているのは主にキッチンとお風呂です。

まずキッチンですが、ガスコンロが設置されていればIHクッキングヒーターに変更します。

ガスコンロを取り外し、ガス栓を閉鎖してきます。
なお、こういったガスの設備変更は一般の方が行う事は危険ですので絶対にやらないようにしましょう。

ガスの設備工事が終わったらIHクッキングヒーターを導入します。
IHクッキングヒーターを使用する場合は200Vの専用回路が必要です。
200Vはエアコンなどに設置されている電力と同等のコンセントが必要です。

そしてもう一つが、お風呂。
ガス給湯器からエコキュートに変更することで電気への変更が可能になります。

ガスコンロの時と同様にガス給湯器を最初に撤去し、その後、エコキュートを設置していきます。

ガスを燃焼させて、お風呂のお湯を沸かすガス給湯器と違い、エコキュートは大気の熱と電気でお湯を沸かしていきます。

この2つの設備を導入できればオール電化としての生活が可能になります。

お問い合わせはこちらから

 

詳細はこちら

家の電気をLEDにしたい場合の対応とは?

家の電気の中で、特に業者に依頼せずに自分でLEDに交換できる箇所も存在します。

例えば、シーリングライトや電球が取り付けられている部分ならLEDの照明に変更すれば、すぐに交換できます。

ただ、その場合は配線器具がLEDに対応しているか確認しましょう。

天井を見ると穴が開いた丸型のもの、あるいは角型のものが設置されているはずです。

LEDシーリングライトが引っ掛けられるタイプでしたら、工事なしに簡単に照明器具を取り付けることができます。

もし対応していないものなら配線器具を取り外し、LEDのアダプタを取り付けていきます。

一方、お風呂のように引っ掛けシーリングではなく、ソケットが装着されている箇所も存在します。

ソケットには電球が差し込めるようになっています。
その場合はLEDの電球を口金に合わせて差し込むことで、LEDに変更することができます。

口金とはソケットを差し込む時の大きさのことです。
11ミリ、13ミリ、17ミリ、26ミリなどがあります。

LED照明にするときは、そういった口金のサイズを合わせて新たな照明器具を設置しましょう。

家全体のLED化をお望みの方は榮電気までご相談ください。

城陽市を中心に地域密着で対応しています。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

メニューを開く